ブログトップ

LIVINGから

主婦の備忘録です。シニアの愛犬、海斗君も時々話題に~


by milky107

☆買い込んだ本から~♪

          本屋さんをウロチョロして本を選ぼうとしていると、平積みされている本が
          目に入ってきます。
          しかも 友人からご紹介があった本で興味を持ったとなると 
          <あぁ、これ、これ>とすぐ手に取ってしまいます。
          この大島真寿美さんの「ピエタ」もそうでした。
          本屋大賞は ノミネートされたものの外してしまいましたけど。

          最近、本を読みながらウトウトしてしまう私ですが この「ピエタ」は一気に
          読み切ってしまいました。
          読み終わった後に 心に充実感が残りました。
          本について語れるような文学人ではありませんので 大目に見て
          読んでいただけると ありがたいです。^^

          「ピエタ」は 14世紀、ヴェネツィア共和国において孤児や捨て児を養育するために
          設立された実在の慈善機関、「ピエタ慈善院」で 救貧院、孤児院、音楽院から
          成っていたそうです。
          この音楽院は 預けられた女子の中で音楽的才能を見いだされると
          ここで学ぶことができました。
          特に作曲家のヴィヴァルディが関わってからは 名歌手やヴァイオリニストを
          輩出したほどで コンサートによる収入は ピエタの運営の大きな支えとなったうえ、
          ピエタの外の貴族からも娘に音楽教育を受けさせるほどだったようです。

          ピエタでは 男の子は技能を身につけて16歳でここを去り 女の子は
          結婚しない限り ここでずっと暮らしていきます。

          この本では エミーリアという女性の視点を通して綴られているのですが
          このエミーリアも このピエタに預けられて育ち、ピエタのために生きていました。

          このエミーリアのもとに 1枚の思い出のある楽譜をさがす依頼がきたところから
          お話が始まるのですが 登場人物は 楽譜探しの依頼主の貴族 ヴェロニカ、
          高級娼婦、ヴェネツィア名物のゴンドラの漕ぎ手、など皆、ヴィヴァルデイと
          何らかの関わりのある人たちです。  

          それぞれの人物が実に魅力があると同時に その人たちの言葉を通して
          この本の中では 亡くなってしまったところから登場しているヴィヴァルディの
          人物像に想いが馳せるところも 面白いと思いました。

          さて、この楽譜の行方は~~  結末は・・・・・・

          親から離され、ピエタに預けられてしまった背景があるのに 重たさを感じず
          読み終わった後、人とはこうも強く、優しく、前を向いていけるものなのかと
          心あたたかい人達の存在に 読んでいる私が救われました。

          もう10年以上経ちますが、家族で訪れたヴェネツィアの風景も思い出され
          懐かしい気持ちに・・・・・・
          読んでよかった~!!  ご紹介に感謝です~!



e0266947_1633468.jpg




          余談ですが 今、直木賞受賞の「まほろ駅前多田便利軒」を
          読んでいるのですが 作者の三浦しをんさん、今回「舟を編む」で
          本屋大賞・・・・・・さぁ、このあと「舟を編む」を読もうか、それとも
          大島真寿美さんの本を もっと読もうか・・・・ウトウトしているとツンドクになってしまうわ。
          娘時代、もっと文学少女だったらよかった・・・・・  今頃は目がショボショボ。



          


          ちょっと休憩は ドライフルーツと鉄観音茶~❤

          この柚子のドライフルーツ(Progre,sプログレ)は 集まりがあった時に
          皆さんに人気があったもので 友人が銀座に行った時に
          私の分も買ってきてくれました。アリガタイ!
          中国茶のお供には ドライフルーツはぴったりなので
          迷わず鉄観音にしましたが ズバリ、合います!!(烏龍茶でも)

          甘すぎず、柚子の酸味で疲れがとれますし、お茶の香りが又よくて・・・・
          どんどん、いっちゃう・・・・(胃酸過多にはよくないかな)

          どうぞ、お試しあれ~。
          銀座、松屋さんの地下で買えますよ。



e0266947_1754775.jpg
 






          
          
          
          
          
          
          
[PR]
by milky107 | 2012-04-19 17:32