ブログトップ

LIVINGから

主婦の備忘録です。シニアの愛犬、海斗君も時々話題に~


by milky107

☆ちょっとした心遣い・小さな感激~♪

e0266947_14481819.jpg




          いつの間にか 神無月も一週間が過ぎていました。
          この間に歳が一つ増えました。 誕生日は夫は仕事で帰らず 夜は海斗と二人でした。
          夕方、帰宅後に<HOPETOUN>の香り高い紅茶を ゆっくり飲んでいると
          ゆったりとした解放感と ちょっとしんみりの気持ちの両方が漂ってきて 不思議な気分に・・・・・
          家族からのお祝いは この連休中だそうです。

          体力、気力が下降しているのを実感しながら 友人たちと これからの日々の送り方などを
          語り合うことが増えました。
          そんな時、皆 思うこと、考えることに大きな違いがないのだなぁと感じます。
          落ち込んだ時には お互い 引っ張ったり、引っ張ってもらったり・・・・
          さりげなく寄りそった言葉に いつもエネルギーを分けてもらっているように思います。
          
           


          ◆ 小さな感激が山盛り~♪


e0266947_14401423.jpg
 



          今年、国立劇場が開場50周年を迎えます。
          その記念として歌舞伎の人気演目「仮名手本忠臣蔵」が 今月から3カ月連続、完全通しで上演されます。
          完全通しは 昭和61年以来、30年ぶりのことだそうで 講座の先生が このチャンスをいかしましょうと
          講座とは別に 観劇会を企画して下さいました。
          講座で親しくしているメンバーは 即決でこの企画にのり、チケットとレクチャーを先生にお願いしました。

          前置きが長くなりましたね・・・・
          レクチャーを前にして とてもお忙しい先生が 参加者、お一人お一人の自宅に
          手作りの丁寧な資料をお送り下さったのです。
          題して<忠臣蔵ばなー>。
          その手作りの表紙は 一人ひとり違ったものになっていました。
          何種類かの色模様の和紙を使い 綴じている帯?(この部分をなんというのかしら・・・)も
          人によって違った色なのです。
          中も素敵な白い和紙(写真ではわかりませんね)が使われ 内容は中身の濃いことが
          わかりやすく しかも面白く書かれています。
          観劇会を一味、上質なものに・・・という先生の心が伝わってくるようでした。
          このちょっとした心使いというのは 小さな感激をもたらし いつまでも心に残ります。


          毎回の先生の講座では 小さな感激だけでなく お話の面白さに笑いが絶えません。
          奥の深い濃い内容を 難しく伝えるのではなく まるで落語でも聞いていたかのような
          思わず笑いが出てしまうような そんな講義にしようという先生の心使いからきているのだと
          皆、気が付いています。

          骨折した友人が 講座に通えなくなった時、先生からメールで心にしみる言葉が書かれていたと
          感激していました。
          この先生のちょっとした心使いに 出会った人はたくさんいます。
          今、6期目の講座を受けていますが 歌舞伎初心者の私が 止めることなく続いているのは
          歌舞伎の面白さだけでなく 先生の楽しいお人柄、奥の深い魅力によるところが大きいのです。
          歌舞伎に関することだけでなく 得ることの多い機会に出会えたことに 静かに感激しています。 

          
          


                  

[PR]
by milky107 | 2016-10-08 21:34