ブログトップ

LIVINGから

主婦の備忘録です。シニアの愛犬、海斗君も時々話題に~


by milky107

☆William Morris のお茶会へ~♪



11月1日<紅茶の日>に11周年を迎えられた<Karibu-Chai>さんが
今年のお茶会のテーマに選ばれたのは「William Morrisの世界」。

<William Morris>について そのデザインが商品化されたものは
よく目にしていたにもかかわらず 実は詳しいことは知らなかった私。
今回のお茶会セミナーでは そのモリスの世界を色々と知ることができました。




e0266947_17343013.jpg





お玄関で出迎えてくれたのは <いちご泥棒>の玄関マットでした。^^
いちごとそれを泥棒する鳥が描かれているほっこりのデザイン。
遠慮がちに踏んでしまいました。^^

ウイリアム・モリスは色々な肩書を持っていたのですね。
デザイナー、詩人、小説家、翻訳家、社会主義運動家など・・・・
中でも モダンデザイナーとしてのモリスが最も知られています。

壁紙、ステンドグラス、家具などデザインから製作まで モリスの妥協のない世界が
亡くなられた後も受け継がれて今日に至っている歴史を
実際に英国で足を使われて見ていらしたカリブチャイさんのレクチャーで
教わることができました。(ちょっと賢くなったかな・・・^^)
ウイリアム・モリスのデザインは じっと見ていると生命力を感じます。



e0266947_15015884.jpg



さて、毎年この季節のお茶会セミナーでは 三大銘茶とそれにぴったりのお手製ティーフーズで
ゆっくり愉しませていただいています。
そして、紅茶にもティーフーズにも 心配りが伝わってきます。
例えば キーマン紅茶はスタートだったので サンドウィッチと合わせてソフトに淹れて下さったり
スコーンは クロテッドクリームやジャムをつけて美味しくなるように
硬さやバター分が加減されていたり・・・・というように 細かいことが研究されているのがわかります。
お喋りをしながらでも そんなことが感じられて嬉しく思うひと時でした。 



e0266947_17344543.jpg




渡英の折、手に入れていらしたゴールデンリリーの生地で 紅茶周りのお品を
お願いしてきました。
出来上がるのが楽しみです。






[PR]
by milky107 | 2017-11-09 16:11