☆プチ熱海旅行②~♪

紅葉を堪能した後、お庭にあるお店で新蕎麦を頂こうと思ったのですが 
かなり混んでいて大分待ちそうなので 美術館内でお昼にいたしました。

こちらのお庭にはお蕎麦屋さん以外にも和食・甘未のお店や
お茶室を拝見しながら立礼席でお抹茶やお煎茶、お菓子を頂ける一白庵などがあり、
又、館内にはビストロレストランや、パンやスイーツが頂けるカフェなどがあります。




さてこの美術館ですがエントランスは上下にあります。
熱海駅からバスやタクシーで着くと下のエントランスから入館、
車で行くとパーキングは上の方を利用するので上のエントランスから入館となり
最初に目にする光景は 大分違いがありますよ。

私たちは上のエントランスから本館に入りましたので 大パノラマがすぐに望めました。



e0266947_13181985.jpg





ご参考までに下のエントランスからですと 本館まで驚きの長〜〜い区間、
エスカレーターを使って上がってくることになりますの・・・・
ちょっとしたアトラクション!?^^
その深さ、大江戸線の比ではないと思われましたよ。 
途中、円形ホールがありますが この天井はまるで巨大な万華鏡のようでした。
(因みに夫、下まで降りてから上のエントランスに戻る時、エスカレーターを使わず、
 真ん中にある階段で全部上りました。今頃、出張先で筋肉痛かしら??
 私たちの歳になると すぐでなく遅れて痛くなりません?^^)





e0266947_13182712.jpg




本館に入ると展示室、能楽堂、黄金のお茶室などがあります。
能楽堂では ハープのコンサートをお聴きしたのですが そのハープ<西遊>には
人間国宝の漆芸家・室瀬和美氏による蒔絵・螺鈿が施されていて とても美しいものでした。




e0266947_13284398.jpg








e0266947_13185859.jpg






e0266947_13185416.jpg


お茶室、キンピカでした。^^



MOA美術館には現在、国宝3点、重要文化財66点、重要美術品46点を含む
約3500点ほどの美術品を所蔵しているそうです。
国宝、尾形光琳の<紅白梅図屏風>は残念ながら今回、展示されていませんでしたが
「人間国宝展」が開催されていて 認定されている頂点を極めた方々、54名の作品を
ゆっくりと展観してきました。ちょっと心が広がった感じに・・・・


想像以上の規模の大きさで ゆっくり味わうと短時間ではとても足りません。
「箱根美術館」は姉妹館になるとか・・・・
四季折々の目に入る風景や自然が そのまま美術館に含まれている
素敵なところでした。 又の機会を持ちたいものです。





◆今回のお宿〜♪

今回のお宿は老舗旅館。いつのもようにお宿の写真はわずかで・・・・
夜は懐石料理を個室で頂きました。 
食材に凝っていて分量もちょうどよく お味もよかったです。
ご挨拶にいらした女将さんとワンコ談義で 凄く盛り上がってしまいました。
女将さんも13歳のシーズーを見送ったそうで その寂しさに耐えられず
お嬢さんの協力のもと、現在、ピンシャーとシーズーを家族にしてしまったそうです。



e0266947_15141764.jpg



写真は先付、八寸とデザートのみ・・・・

食後、夜空の下、のんびりと露天風呂で手足をのばしておりました。
たくさん歩いて疲れたのか持参の本を開いたまま、いつの間にか<おやすみなさい〜 Zzzz・・>

翌日撮った写真もこれだけだった〜〜〜



e0266947_15290784.jpg



お写真をおかりしました。



e0266947_15131416.jpg



しつこく、続きます。^^


[PR]
# by milky107 | 2018-12-05 20:18